介護費用のご相談

介護破産を防ぐ!!プロデュースします。


もしや!親の介護費用で困っていませんか?

  • 区役所や市役所の方の対応が冷たく、あまり聞きたくない
  • 仕事が忙しく土曜日や日曜日しか時間が取れない
  • 区役所や市役所に行くと「この件はこちら」で、「その件はあちら」で時間がかかり、めんどくさい
  • 税務署も節税の方法を具体的におしえてくれないように、区役所や市役所に聞いても規定通りの回答しかない
  • 介護・医療関係者から世帯分離を教えてもらったが、市役所などであなたの場合「世帯分離はできない」と言われた
  • 親を扶養家族にしていたほうがいい?
  • 世帯分離をして扶養控除は大丈夫?
  • 自分でいろいろ調べても費用を節約できる方法がよくわからない
  • 介護費用関連が毎月15万円以上かかり生活が苦しい
  • さまざまな制度が絡み合っているので、どの順番で進めていけば一番節約できるかわからない
  • 士業などの専門家に聞くのはちょっと敷居が高すぎる
  • ゆっくり調べる時間がない
  • 遠距離介護で交通費などお金がかかり大変

私が34歳のころ病気がちであった母親が脳溢血で倒れ右半身マヒという状態におちいりました。

 

当時は父親もまだ若く、毎日母親のリハビリの手伝いをし、一生懸命におこない、その甲斐あって、言葉もある程度話せるようになり、杖をついて歩けるようにまで回復はしてきました。

  

ただ、もっとよくなってほしいという気持ちがあり、なんとか効率的・効果的なリハビリがないものかといろいろ調べてみました。

 

しかし、全てお金が異常にかかります。そんなに金銭的に余裕のない私は、私自身が効果的なリハビリを編み出せばと思いましが・・

 

知識も経験もない私では全く無理でした。

  

それから時がたち2011年の2月にまた母親が脳溢血で倒れ、生死をさまよい、結果無事一命はとりとめたのですが、後遺症がひどく、失語症、寝たきりという状態におちいりました。

 

両親は地方の田舎にすんでいるため、私は可能な限り帰省し、母親のリハビリを手伝ったりしましたが、仕事があり、十分の介護はできませんでした。

 

父親が、ずっと母親の介護をしていたため、身体的・精神的にも限界でした。

 

それに加え、経済面においては、父親や私も同様ですが、帰省旅費、介護費用のためのお金が意外とかかり、本当に厳しい状況になりました。

  

父親は年金しかなく、財産といわれるものはないし・・・。

 

私自身もこの時、サラリーマンを辞めて独立の準備をしている時で収入はほとんどない状況でした。

 

父親は、精神的、身体的にかつ経済的負担がかさみ、認知症かうつ病の両方になっているかもとの診断もうけました。

 

そこで、私自身がすぐできる可能性のある介護費用軽減について一生懸命調べました。

 

インターネットで調べたり、役所に聞いてみたり、本を買ってみたりして、かなり時間をかけて調べてみました。

 

なかなか理解できませんでした。

 

しかし、やっと「世帯」「収入」をキーワードとし所得税、住民税、国民健康保険、介護保険、後期高齢者医療制度、介護施設費用の横のつながりをしっかり理解すれば介護費用が減ることを確信しました。

 

このような感じで、様々な影響をひとつひとつ検証して実行した結果、介護費用が約50%削減できました。

 

理解し削減できるまで、膨大な時間やお金を費やしました。

 

介護している人は、精神的・身体的・経済的に辛いです。

 

その中でも、経済的な面だけでも、少しでも楽になってもらいたいと思っています。しかも、「すぐに」!

 

経験者だからお話できる「基本から実践におけるノウハウ」をお伝えします。手順通りに実行して頂ければ経済的負担も減少することと思います。


次のような方におススメ!!

  • 65歳以上かつ要支援以上の認定を受けいる家族の方
  • 65歳以上のご両親の介護施設等入所を考えている家族の方
  • 65歳以上の要介護者(ご両親)にかかる経済的負担を総合的に解決したい 方

介護者FPは、経済的、身体的、精神的負担のうち特に経済的負担を軽減するための専門のファイナンシャル・プランナーです。

 

介護者及びその家族は、終わりがみえない介護のため身体的・精神的にも疲労困憊ということになりかねません。

 

当事務所は、介護者及び家族の方々の負担軽減をお手伝いします。

 

【介護資金への準備として一部ご紹介します】

  • 民間の介護保険の活用
  •  リバースモーゲージの活用
  • マイホームを担保にして資金を借り入れる方法。
  • 金融機関の介護ローン、無担保で借入期間が最長10年。また、借入限度額は300万から500万くらいが 一般的。

『ご利用料金』


◎介護費用ご相談サービス 

15,000円+消費税

介護費用の捻出や節約、介護施設の選び方のご相談は今すぐお問い合わせを!

所要時間・・90分

上記金額で最大3回まで面談可能です。

 

一般的な流れは以下の通りです。

 メール等でご相談内容をお伝えください。

日程調整

面談日決定(お客様のお近くのカフェや貸会議室など)

当日、約90分ヒアリング&ご提案(終了後、お支払い)

再度面談が必要な場合、ご相談日より3か月間は無料面談(初回を含めて最大3回まで)受け付けます。

ご相談日から3か月間はメールでのご相談は無料です

 


お問い合わせ

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

ご家族状況、経済状況等さまざまな面を総合的に考慮する必要がありますので、慎重にご検討ください。なお、最終的なご判断はお客様自身でお願い致します。